レビトラと同じ成分で作られた勃起不全治療薬「バリフ」の飲み方についてご説明します

抗がん剤とバリフの併用について

国内でも医師に処方される事でED治療薬を購入する事ができますが、ED治療は自費診療のためお財布に厳しいのが難点です。昔から海外の医薬品は、一度輸入したものを国内で流通させるため関税等で高価になりがちで、有効性の高い薬とわかっていても、継続的な使用は経済的な負担を覚悟しなければなりません。ED治療薬もその典型で、一錠が1,000円を超えています。

バリフはインドの製薬会社によって製造販売されている、ED治療のジェネリック医薬品です。先発薬であるレビトラは有効性と安全性が認められ、日本で販売が許可されており、バリフもほぼ同等の成分が配合されている事からレビトラと遜色ない効果を期待できます。
バリフの有効成分はレビトラと同じ塩酸バルデナフィル水和物で、この成分はPDE5という勃起不全を誘発する酵素の働きを阻害する作用があります。PDE5を阻害する事で、陰茎にある海綿体の緊張を和らげ、血流が改善されスムーズな勃起が可能となります。誤解される事もありますが、バリフに限らずED治療薬に性欲増進の効果はなく、性的刺激を受けた時に勃起を促し、維持しやすくする効果のみです。

ED治療薬を使用する場合、健康で持病がない人は重い副作用が生じる可能性は低く安全です。持病や服用中の薬がある人は、使用上の注意をよく読んでから使用して下さい。バリフはニトログリセリン等の硝酸系の薬と併用する事が禁忌とされており、急激な血圧の変化が起こり健康に重大な影響を及ぼします。また、抗真菌薬や抗不整脈薬、抗ウイルス薬などの併用も避ける必要があります。抗がん剤は様々な種類が存在し、併用可能な薬とそうでない薬が存在します。抗がん剤の投与を受けながらED治療薬を使う時は、事前に医師に相談する事をおすすめします。